笠岡レディースクリニック・院長紹介

院長 経歴

昭和62年

滋賀医科大学医学部 卒業
滋賀医科大学医学部産科婦人科学講座 入局

平成01年

守山市立守山市民病院 勤務

平成03年

呉共済病院 勤務

平成09年

真心会野村産婦人科 勤務

平成10年

呉共済病院 勤務

平成14年

同 産婦人科医長

●日本産科婦人科学会 専門医
●母体保護法 指定医
●日本臨床細胞学会 細胞診指導医
●日本不妊カウンセラー学会 不妊カウンセラー

スタッフ紹介

看護師:6名

看護師長

柳尾 江美子

看護師

金沢 誉子
大下 直美
川元 依莉
尾形 幸子
青本 香織
吉田 ほのか

胚培養士:3名

日本卵子学会認定 胚培養士

稲飯 健太郎
神﨑 珠里

胚培養士

小野 楓美花

胚培養士とは

胚培養士(はいばいようし)は、顕微授精や体外授精を行う生殖医療には欠かすことの出来ない医療技術者です。高度生殖医療ではチームでその治療にあたります。そして、そのチームに欠かせない仕事の1つが胚培養士です。医師、看護師、胚培養士、不妊カウンセラーがそれぞれの特色を活かした時、不妊症治療の成功率は高くなると言えます。 胚培養士の仕事は、配偶子や受精卵・精子を専門に扱います。その仕事内容は下記の通りです。


(1) 培養室の設計、管理、認可の獲得
(2) 培養室勤務員の統率管理
(3) 培養環境の管理、培養液の作成管理
(4) 精子,卵子の培養
(5) 授精操作(媒精、顕微授精)
(6) 受精卵,胚の培養
(7) 精子、胚の凍結保存
(8) 配偶子,胚の記帳管理

受付:4名

尾下 美恵

水尻 佳津乃

流田 かおり

 當麻 公代