子宮癌検診について

子宮癌検診うけてますか?

子宮癌には種類があります。

子宮頸癌

子宮の入り口付近表面の粘膜組織に発生する癌

どんな人がかかりやすい?

●HPV(ヒトパピローマウィルス)の感染
●妊娠・出産経験が多い
●はじめてセックスした年齢が若い
●セックスフレンドが多い など

HPVとは?

ごくありふれたウィルスで、性交渉の経験がある女性はほとんど一度は感染するといわれています。 多くの場合は感染してもその人の免疫力により排除されますが、感染した人の約10%の女性がウィルスを排除できずに感染が長期化し子宮頚部の細胞に異常(異形成)をおこし子宮頸癌へと進行する危険性があります。

なぜ!?定期検診が大事なの?

子宮頸癌は定期的に検診を受けることで、癌になる前(異形成)の状態で発見することができます。 異形成の段階で治療を行えば、子宮を摘出することなく完治でき、その後の妊娠や出産にもほとんど影響がありません。
つまり
子宮頸癌は自分自身で防ぐことができる病気なのです!!!
これで健診の大切さがおわかり頂けたと思います。
いますぐ!検診を!!

院長から一言

男性不妊も治療によって妊娠する可能性があります。 女性不妊と同様原因も様々で、場合によっては専門医による治療が必要です。 早めの精液検査を受けましょう。

次の記事

男性不妊について